AGAについて

AGA(エージーエー)ってなに?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。 

AGAは進行します

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGA(エージーエー)は進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。 
板見 智:日本醫事新報 2004; No.4209: 27-29より
あなたの5年後、大丈夫!?
AGA(エージーエー)の5年間の毛髪数の変化(参考:海外データ)
毛髪数の変化
Kaufman K D et al. Eur J Dermatol 2002; 12(1): 38-49.より作図

AGAの進行パターン

AGA(エージーエー)の特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。 
進行パターン
Kaufman K D et al. Eur J Dermatol 2002; 12(1): 38-49.より作図

AGAの原因の発見

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。DHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられます。
DHT 産生増加
進行パターン

AGAの特徴

AGA(エージーエー)は抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。また額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。
毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

ただしAGA(エージーエー)では普通、うす毛になっていても うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。 

AGA治療で大切なこと

続けて使ってください。

AGA(エージーエー)治療で一番大切なことは、根気よく治療を続けることです。治療をはじめてもすぐに効果がみられないため途中でやめてしまう人がいますが、AGA(エージーエー)治療の効果がみられるようになるまで、一定の期間以上かかります。

指示通りに使ってください。

1日1回服用する、朝夕1日2回塗布するなど、指示通り使うことが大切です。面倒だからといって、朝夕1日2回塗布を1回で済ませたり、勝手に1回の量を増やしてしまったりしては、期待される効果は得られませんし、副作用が出やすくなることもあります。 

副作用が出たら、医師・薬剤師に相談してください。

どんな薬でも、求める効果以外に胃に不快感があったり、頭皮が痒くなったりと副作用が出ることがあります。このようなときは医師や薬剤師に相談し、場合により使用を中止する必要があります。